予算が少なくても失敗しない!ローコスト住宅で理想の住まいを実現するコツなどを紹介!

家を建てたいけれど予算が少ないし無理ではないかと心配する方のために、少ない予算でも限りなく理想に近い住まいを提案、実現してくれるローコスト住宅を案内します。
なぜ安価で建てられるのかを工法や坪単価の面から切り込んで、他の建築法と比較しながらどれだけお得な注文住宅かを紹介して行きます。
できるだけ早めに建てたいとか、子供の入学までに間に合わせたい、引っ越しの期限が迫っているといった方には必見です。

予算が少なくても失敗しない!ローコスト住宅で理想の住まいを実現するコツなどを紹介!

フルオーダーの注文住宅は0から考えて設計しますが、ローコスト住宅は間取りや内装や設備など、すでに規格化されたプランの中から選ぶ方法為、限られた予算で家を建てたい方に向いている建て方です。
ローコスト住宅は建物価格が1000万円台の家を指すことが多く、土地付き注文住宅の建築費の全国平均、2800万円から見ればどれだけ安いのかが分かります。
坪単価も一般的な住宅の50万円から60万円よりも安く、30万円から50万円程まで抑えられます。
だからといって品質が悪いという訳ではなく、材料費や人件費や広告宣伝費、またプランなどを徹底して見直している為、質を落とさず理想的な住宅が実現できるのです。

低予算でも建てられるローコスト住宅とは?

家を建てるとなると、かなりの出費になることもありマイホームをあきらめてしまう人もいます。
最近はよりお求めやすい価格で、しかも満足度の高いローコスト住宅も注目されています。
低予算で理想のマイホームを持ちたい人にぴったりです。
ローコスト住宅とは、一般的な注文住宅と比較してより安く建てられる家を指しています。
ローコスト住宅とは、坪単価がかなり抑えられている家を意味することもあります。
あまりに安いと品質が心配という意見もありますが、材料の大量仕入れを行うことや余計な人件費や広告費をカットするなど様々なコストカットの努力が行われています。
最低限の品質はクリアしているものの、耐震性や耐久性、耐熱性がやや低いなどのデメリットはあります。
さらに、注文住宅でもローコスト住宅になりと間取りや設備の自由度も低くなることは理解しておきましょう。
キッチンやバスルームは最新式の設備でなくても、基本性能があれば十分という人にも向いています。
オプションをつけることもできますが、そうなると低予算での建築も難しくなってきます。

ローコスト住宅を建てる工務店の選び方

エリア限定で設計と施工を行う工務店は、広告宣伝にあまりお金を使わないのでローコスト経営が可能です。
そのためにハウスメーカーよりも住宅建築の費用が安く、予算を抑えて憧れの住まいを実現したい場合にも役立ちます。
ローコスト住宅に対応した会社はとても多いですが、選び方を間違えると家づくりに失敗するリスクも高まります。
住宅展示場と工事現場を見学することが、質の高いローコスト住宅を建てられる工務店を見つけるコツです。
実際に完成した建物を見学するときには、細部の仕上げにも注目するのがポイントです。
ドアやサッシの開閉が滑らかな住宅を建築できる会社は、とりわけローコスト住宅の施工の発注にも最適です。
更に住宅設備や技術に関する専門知識が豊富な会社は、施主のニーズにも的確に対応することが可能です。
家づくりのプロセスで設計と施工の責任者と十分に対話をすることが、クオリティーの高いマイホームの実現にも結び付きます。

クオリティが高く生活しやすいローコスト住宅

用意できる自己資金や収入などに合わせてプランを選ぶことが、幸せに暮らせる住まいの実現のための基本です。
したがって年収が500万円前後の人たちの多くが、坪当たりの建築費用が割安なローコスト住宅を選んでいます。
また宣伝費用を抑えて技術力アップのための教育にも意欲的なメーカーは、クオリティの高い住宅を建築できるのが魅力です。
ウェブサイトでパンフレットをダウンロードするのが、ローコスト住宅の建築を依頼する場合の出発点です。
低価格のハウスメーカーは展示場にあまり出展をしていないので、ウェブサイト内の情報を積極的に活用することが肝心です。
プランを実際に選定するプロセスでは、間取り図を参考にして生活の様子を具体的にイメージするのが理想的です。
家事を行うときの動作をシミュレーションすると、合理的な暮らしが実現できるプランを選べます。
プランが多い会社は、豊富な間取り図の中から最適な施工内容を選べるのが魅力です。

注意したいローコスト住宅のデメリット

ローコスト住宅は、一般的な注文住宅よりも低コストに建てられるというメリットがありますが、一方で間取りやデザインの自由度が低いというデメリットがあります。
ローコスト住宅は、規格住宅で建てることでコストを抑えているため、間取りやデザインを変更する余地がほとんどありません。
加えて、キッチン・トイレ・バスルームなどの住宅設備も最もグレードが抑えられています。
最も低いグレードであっても実用上の問題はありませんが、グレードが高い設備と比べると機能面で劣るので注意が必要です。
また、ローコスト住宅を建てる際に最も注意したいのが、耐震性や断熱性などの住宅性能の低さです。
ローコストであっても建築基準法に沿って建てられるので欠陥があったり、強度に問題があったりするわけではありませんが、一般的な注文住宅と比べるとどうしても住宅性能は劣ります。
特に、ローコスト住宅には安価な断熱材が使われているケースが多いので、冷暖房効率が悪くなって冷暖房費が高くなる恐れがあります。
さらに、外壁や屋根の耐久性も低くなっているケースが大半なので、早い段階でのメンテナンスが必要になる可能性が高いです。

筆者:高野平助

筆者プロフィール

茨城県つくば市生まれ。
あまり知られていないローコスト住宅について、色々調べてまとめました。
つくば市 ローコスト住宅